芝川ビル|マヤ文明のデザインで設計者は?花嫁学校からテナントビルに活用!

御堂筋エリア

芝川ビルは、唐物商(欧米品の輸入業)を営んでいた芝川家が事務所として1927年(昭和2年)に建てられました。

現在は、周辺の高層ビルに囲まれていますが、芝川ビルの外装のデザインはインパクトあり、一度見ると忘れないモダンなデザインであり、内装も特徴のあるデザインで現在もそのままの状態で活用されています。

そんな素敵なデザインされた設計者が誰なんかも気になりますね。

そこで今回は、芝川ビルの設計者や歴史・魅力などについてご紹介します。

この記事でわかること
  • 芝川ビルの設計者と概要と歴史
  • 芝川ビルの魅力は?マヤ文明?
  • 芝川ビルの現在は?

芝川ビルの概要

芝川ビルは大阪の商人で地主であった芝川又四郎氏によって、1927年に建てられました。

芝川ビルの建物概要

出典:生きた建築ミュージアム
  • 名称:芝川ビル
  • 建築年:1927年(昭和2年)
  • 設計:澁谷五郎(基本計画・構造設計)、本間乙彦(意匠設計)
  • 所在地:大阪市中央区伏見町3-3-3
  • 構造:鉄筋コンクリート造地上4階地下1階
  • アクセス:地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅11番出口より徒歩すぐ

芝川ビルは欧米品の輸入業で財を成し、その後土地不動産業を営んでいた芝川家の事務所として建築され、戦前までは事務所として活躍していました。

登録有形文化財に登録されている歴史あるビルです。

芝川ビルの設計者は?

芝川ビルは外装や内装も特徴があり、特に内装のデザインには竜山石を用いたマヤ・インカ文明を思わせる装飾が独特のスタイルが特徴です。
こんな素敵なデザインされた建築家の本間乙彦氏とはどんな方なのでしょうか。

建築家・本間乙彦はどんな人?

建築家の本間乙彦氏は、大正時代から昭和初めにかけて大阪を中心に活躍した建築家です。

兵庫県生まれの東京高等工業学校(現東京工業大学)建築学科卒業され、大阪市立都島工業高校建築科嘱託教員をされていました。

本間乙彦氏の作品には、芝川ビルディングや小川香料大阪支店ビル、松竹アドビル(現存せず)などがあります。

芝川ビルの歴史

芝川ビルは、1927年(昭和2年)に大阪の地主・商人の芝川又四郎氏によって建てられました。

芝川又四郎氏は、地震や火事に強い建物を建てることを決心し、建築家の講演で鉄筋コンクリート造りを知り、鉄筋コンクリート造の事務所としてビルを建てました。

芝川ビルは、教育に関心を持っていた芝川又四郎氏の意向で「芝蘭社家政学園」という花嫁学校として使われることになります。

「芝蘭社家政学園」では、洋裁、和裁、習字、生け花、茶道、割烹など多彩な授業を開講し、昭和4年から昭和18年まで開校し、3,000人を超える卒業生がいるそうです。

大阪のお嬢様「いとはん」たちが学んだそうですよ

芝川ビルは、2007年(平成19年)に国の登録有形文化財に登録されました。

現在は、オシャレな飲食店や専門店が入居しており メガネや帽子、チョコレートなどの個性的な商品や、ベトナム料理やイタリアンなどの美味しい料理が楽しめます。

芝川ビルのレトロの魅力ポイントは?

商業事務所から花嫁学校として使われてきた芝川ビルのレトロな魅力をご紹介します!

  • 半円アーチと玄関周りのデザイン
  • マヤ文明風の装飾とスペイン瓦の外観
  • カエルや鳥などのモチーフの柱や壁

魅力ポイント:半円アーチと玄関周りのデザイン

芝川ビルの正面は半円アーチとなっていて、そこには白石と黄龍石が使われ白と茶のコントラストがとても綺麗です。

そして玄関周りのデザインもとても素敵です!

魅力ポイント:マヤ文明風の装飾とスペイン瓦

芝川ビル正面の窓下の幾何学模様が特徴。
このデザインはマヤ・アステカ文明のモチーフとなっているようです。

そして、その上には当時としては珍しいと思われるスペイン瓦が使用されています。

魅力ポイント:マヤ文明モチーフがある柱や壁

芝川ビルの面白いのは、内装にもマヤ文明を思わせるモチーフがあることです。

そのモチーフが壁や柱に造られていて、建築家の遊び心が感じられますね。

現在の芝川ビルは人気ショップの集まり

現在の芝川ビルは、人気のセレクトショップが多く入店するテナントビルとして活躍しています。

芝川ビルのレトロ感と現在のおしゃれ感と合わさり、落ち着いた空間となっていますよ。

また結婚式場としても活用されています。

地下1階から地上3階までショップがありますので、詳しくは公式サイトでご確認くださいね。

まとめ

今回は、大阪市中央区にある芝川ビルの魅力についてご紹介しました!

芝川ビルは、昭和2年に建築され、マヤ文明のような装飾が特徴のレトロビルです。

芝川ビルは、豪商の芝川又四郎氏によって自身の事業の事務所として建てられましたが、教育にも力を入れていたこともあり、昭和4年から昭和18年まで花嫁学校としても使用されていました。

現在は、テナントビルとしてセレクトショップが入店していて、おしゃれスポットの一つとなっています!