大阪ガスビル|モダンなガス灯が御堂筋のランドマーク!大食堂も魅力的!

御堂筋エリア

大阪御堂筋沿いにある『大阪ガスビル』は、大阪ガスの本社ビルで大阪のレトロ建築としても知られています。

大阪ガスビルは、1933年(昭和8年)に完成した8階建ての建物で当時としては珍しく、真っ白なタイルと曲線的なフォルムが魅力の高層ビルでした。

そして、現在も外観も内部も当時のままにを残し、大阪ガス本社として活用され国の登録有形文化財にも指定されています。

そこで、今回は大阪ガスビルの歴史や建物の魅力や8階の大食堂の魅力、予約などをご紹介します!

この記事でわかること
  • 大阪ガスビルの概要と歴史
  • 大阪ガスビルのレトロ魅力ポイント
  • 大阪ガスビル大食堂のレトロ魅力と利用方法

大阪ガスビルの概要と歴史は?

御堂筋沿いにある大阪ガスビルは、1933年(昭和8年)に完成した御堂筋のランドマークとして名モダニズム建築として有名です。

大阪ガスビルの建物概要

  • 名称:大阪ガスビル
  • 旧称:大阪瓦斯ビルヂング
  • 建築年:1933年(昭和8年)
  • 建築家:安井武雄氏
  • 住所:大阪市中央区平野町4-1-2
  • アクセス:地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」13号出口から南へ徒歩3分

建築家は安井武雄

出典:安井建築設計事務所
おおさかBOY
おおさかBOY

設計した安井武雄氏ってどんな人?

SEN
SEN

今も残るレトロビルを多く設計した方よ!

安井武雄さんは、大正から昭和初めにかけて大阪を中心に活躍し、昭和初期のモダニズム建築を代表する作品を多く設計しています。

代表作は大阪倶楽部や高麗橋野村ビルディング、今では現存しない日本橋野村ビルディングなどがあります。

安井武雄氏は、1884年に千葉県生まれ、東京帝国大学建築学科を卒業後、南満州鉄道に入社し満州に渡った。
この時期に中国各地を巡り東洋風デザインの建築を身につけ、南満州鉄道退職後は大阪の建築事務所に勤務、1924年に『安井建築設計事務所』を創立しています。

大阪瓦斯ビルヂング(大阪ガスビル)の歴史は

  • 1933年(昭和8年)3月大阪ガスビル(大阪瓦斯ビルヂング)完成・開館
  • 1937年(昭和12年)5月御堂筋完成
  • 1944年(昭和19年)戦争により外装をコールタールで迷彩
  • 1945年(昭和20年)一部罹災
  • 1966年(昭和41年)北館完成

1933年(昭和8年)3月に完成した大阪ガスビルは、「大阪瓦斯ビルヂング」、通称「ガスビル」と呼ばれ、御堂筋が完成する1937年より以前に8階建ての大ビルディングが誕生しています。

当時は、大阪における最も近代的で美しいビルディングと称されました。

大阪瓦斯ビルヂングは、、当時最新となる都市ガスを普及を目的にガス器具の展示場、講演場(ホール)、美容室、喫茶室、料理教室、食堂などが併設され、一般市民も利用できる人気スポットとして親しまれました。

過去からガスビルが焼けずに残ったことは、建築の歴史からも奇跡ですよね。

高度経済成長期を迎え、事務所拡張のため、昭和41年(1966)8月に北館が完成。

こちらの設計は佐野正一氏によるもので、ガスビル南館のもつ風格を生かしたものに設計されています。

大阪ガスビルのレトロの魅力ポイントは?

御堂筋のランドマークとしての大阪ガスビルのレトロな魅力をご紹介します!

  • 特徴的な外観デザイン・丸角のフォルム
  • 水平に流れる美しい庇(ひさし)
  • ガス灯のオブジェ

魅力ポイント:丸角のフォルムが美しい外観デザイン

外観のデザインには、1、2階には墓石に用いられる黒御影石が使われ、上階には乳白色のタイルで黒白の対比と南東の角はアールの形状で、これが本当に美しいです

これは建築家の安井武雄さんが「自由様式」と呼ばれる独自の作風を用いて、モダンで美しい外観と当時から評判でした。

2階にはガラスブロックのバルコニーが当時では、最新デザインだったと思われますね。

魅力ポイント:美しい庇(ひさし)

外観デザインとなっている庇と交差する縦の円柱形の柱のようなデザインが、アールデコ調に見えてとても美しいのです。

魅力ポイント:ガス灯のオブジェ

1966年のガスビル北館竣工時から明かりを灯し続けているガス灯です。

とても素敵なデザインで建物の入口部分に設置されていますので、ぜひ見てください!

ちなみにもっとも美しい時間は夕暮れ時ですよ

ガスビル食堂でレトロを感じれる!

大阪ガスビルの最上階である8階は、1933年開業から営業している「ガスビル食堂」があります!

出典:大阪ガス

「ガスビル食堂」の内装もレトロな雰囲気と眺めの良さが魅力のお店になっています!

「ガスビル食堂」では本格的な欧風料理を楽しむことができて、一般の方も利用できます。

ガスビル食堂のメニューは、コンソメスープやタンシチュー、ムーサカなどの定番料理だけでなく、コースメニューやデザートもあり、ご家族やデートにもおすすめです

気になる予算は、

  • ランチ2000円~3000円
  • ディナー4000円~5000円

となっています。

「ガスビル食堂」の営業は、平日の11時30分〜21時30分までとなっていて、土曜・日曜・祝日は休業となっていますので、ご注意ください!

 大阪のモダンな歴史を感じながら、美味しい洋食を楽しんでみてはいかがでしょうか?

基本情報

名称大阪ガスビル食堂
営業時間11:30~21:30 (L.O.20:30)
休日土日祝
アクセス地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」ガスビル南館にある専用エレベーターで8階
TEL/FAX06-6231-0901/ 06-6202-1894

まとめ

今回は、御堂筋のランドマークとなっている大阪モダンビルの一つである『大阪ガスビル』の魅了をご紹介しました!